➤住まいの環境対策:長期間消臭・抗菌することにより、室内の汚染化学物質が原因による様々な症状を抑制し、綺麗な空気環境を創りあげます。

IR情報, 新着情報

TOP > IR情報 > 正文

更新日:2020. 2. 22.

新型肺炎、国内発生100人超に 

2/21(金) 21:20配信

毎日新聞

 各地で広がる新型コロナウイルス感染症で21日、北海道と埼玉県で初の10歳未満を含む計3人の小児の感染が確認された。2人が小学生、1人が未就学児で、いずれも重症化はしていない。ほかにも成人9人の感染が報告され、国内発生は106人、横浜港に停泊中のクルーズ船に乗船していた感染者を合わせると740人になる。政府は来週に基本的対処方針を取りまとめる予定で、段階を「国内発生早期」から「感染拡大期」に移行する時期を慎重に検討している。

【新型肺炎 相談・受診の目安は?】

小児の感染者は、北海道中富良野町の町立中富良野小に通う男児の兄弟と、埼玉県内の未就学児。

北海道によると、兄弟は兄が10歳以上、弟が10歳未満で、渡航歴はない。弟は15日から学校を病欠、兄は18日に早退して、いずれも19日に入院した。同小では21日午後から授業を急きょ取りやめ、約200人が下校して校舎の消毒に当たった。町は各児童の家庭に24日までの自宅待機を要請している。道は公衆衛生上の必要性などを理由に学校名は公表したが、家族らに感染者がいるかどうかや、感染者との濃厚接触歴は「調査中」としている。

埼玉県で感染が確認された男児は6歳以下で、1月30日に中国湖北省武漢市から40代の父親とともに政府チャーター機で帰国。検査が陰性だったため2月1日から自宅待機していた。父親は10日に感染が確認され、20日に発熱した男児も21日の検査で陽性と判定された。県内の医療機関に入院している。

このほか、北海道の新千歳空港内にある小樽検疫所支所に勤務する40代女性▽東京都内の50代女性2人と70代女性1人▽千葉県内の60代男性警備員▽相模原市内の入院中の80代男性▽名古屋市の70代男性と20代女性▽石川県内の50代男性県職員――の感染が新たに確認された。東京の50代のパート女性は重症で、糖尿病などの持病があるという。東京の残る2人は、既に感染が分かっている男性の妻とその知人で、1月22日に一緒に食事をしていた。

一方、政府チャーター機第4便で帰国し、宿泊施設に滞在していた195人は21日、全員がウイルス検査で陰性と確認され、帰宅が可能となった。

国内感染者の増加を受け、政府は近く専門家会議を開き、基本的対処方針の具体的な内容を詰める。厚生労働省幹部は「早めに対処していく必要がある」としており、国内発生早期から次の段階への移行も議論する見通しだ。【真貝恒平、畠山嵩、矢澤秀範】

関連記事

  • ...